店づくりストーリーブログ

2012年12月14日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ

330photoe58699e79c9f少し前の話ですが、猿cafeルーセントタワー店へ行ってきました。
ランチやティータイム、夜カフェに使える猿cafeは主に若い女性に人気で名駅にも近くオフィスビルの地下にあるため、仕事や学校帰りのOLや学生で賑わっていました。

ゆえにディナー時になると平日だろうと予約をしなければ待たされてしまうほど・・・

店内は広々としており、テーブル席からはルーセントタワーのカラフルに光を放つ床が印象的なサンクンガーデンが覗めます。また、おうち感が味わえそうなゆったりとくつろげるソファ席もあり、料理もおいしく、アルコールをはじめドリンクメニューも豊富に揃っているため、女子会の場としても使われることが多いようです。

デザートもとても可愛かったです。

2012年11月28日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ

img_0472
img_04752
img_04696
img_04671

先日東京へ行った際、JR秋葉原駅高架下を
歩いているときに「缶’sBar」というお店を発見しました。

数十種類もの缶詰をつまみにお酒を楽しめるらしく、
たくさんの缶詰がディスプレイされているのが道路側から見えるようになっており、道行く人からの注目度も高いようです。

お昼も営業しており、コンビーフなどの缶詰商品を使用したホットサンドなどをランチとして提供しているため、ちょっとしたお昼休憩にも立ち寄れる雰囲気でした。

今回はお昼時に入ったので次回は夜に行ってみようと思います。

2012年11月8日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ
ビンゴ2

ビンゴ2

津市三雲23号線ぞいにテナントの一部に完成しました!

本日レセプションで、ハンバーグをいただいてきました!!

ビンゴ3

ビンゴ3

こちらは関西風でたこ焼き、お好み焼き風で鰹節がきいていてすごくおいしいいです!

なんにしても、ハンバーグに箸を入れると、肉汁が飛び出す勢いで・・・いや・・・飛び出して

来ました!!

ビンゴ4

ビンゴ4

こちらは、ビンゴお勧めのガーリックバターにしょうゆをかけて香ばしくいただく物でした!

にんにくが利いていてとても美味しかったです!

またしても、肉汁が・・・・!!

ビンゴ5

ビンゴ5

セットでご飯と味噌汁が付いてきます!

トッピングでチーズと目玉焼きが選べます!

とてもジューシーでハンバーグ食べたーーーーーーって感じでした!!

大きさもMサイズとLサイズで選べます!

11月15日オープンですので是非一度足を運んで見て下さい!!

カウンター

カウンター席が充実していて、1人でも気軽に入れます!!

お一人様スポットでも有ります!!

アポアはお客様の要望で自由にお見せ作りガできます!

詳しくは専用HPでご覧下さい!!

2012年9月29日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ

e38386e383bce3839ee38391e383bce382af先日テレビ番組でこんな店舗を紹介していました。

「日本一視察が多いスーパー”ハローデイ”」

売り場のコンセプトはアミューズメントフードホール。

まるで遊園地に来たかのような気持ちになってもらい

買い物を楽しんでもらうことによって滞在時間を長くし、

e38284e38195e38184

客単価を上げようというのが狙いだそうです。

また、趣向を凝らせたディスプレイで

より楽しめる空間を演出しています。

なんと、これらのディスプレイを企画、製作に

正社員だけではなくパート、アルバイトの方々が

参加しているということ。

e381abe3818f

お客様を喜ばせたいという気持ちが

お店全体に根付いており

従業員個々のモチベーションの高さに驚かされました。

そしてそのモチベーションの高さは接客にもよい影響を与えます。

故に「ここの店員が好きだからいつも買いに来る」という

リピーターも少なくないそうです。

商品の値段自体は特別安いというわけではなく、

そのデザイン性やサービス内容で他社との差別化を図っています。

ハローデイは北九州を中心に展開しているそうです、

1度行ってみたいです。

2012年9月25日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ

tiger20copenhagen2

magu

近頃メディアでも話題になっている

日本第1号店が7月1日に大阪・心斎橋にてオープンした

北欧デンマークの100円均一”TIGER”とは?

実際は100円均一…とまではいかないものの

100~500円ほどで買える雑貨が多く、

2つ目の写真にある白を基調としたシンプルなデザインのマグカップは30DKK(デンマーククローナ)、

日本円にして450円と割とリーズナブ。

洗礼されたデザインを低価格で購入できるのは1つの魅力です。

ところで…

なぜ日本第1号店に大阪を選んだのか?

それは、東京にはそれぞれ特徴的なエリアがたくさんあり、

1店舗をオープンしても、 限定された地域のものになるため、

東京では埋もれてしまう危険性があるからとのこと。

東京に比べ都市のサイズがコンパクトな大阪では、

1店舗をオープンしたら、全体からお客さんに来てもらうことができ、

広く知れわたる と考えたからだそうです。

fasa1

店舗自体の魅力だけではなく立地もきちんと考える、

繁盛店を作るには必要なことのようです。

店舗設計APOA

ページトップへ