つけ麺なごむ 三重県松阪市に木の外壁でオープン

つけ麺なごむの文字が白抜きされた日除け暖簾と、クラシカルなブラケットライト。

ナチュラルな装いで三重県松阪市にオープンした本格的なつけ麺のお店「なごむ」さんは、行列の出来るほどの人気店です。

下見板張りの外壁には大きな窓が。店内の光をもらしています。

下見板張りのナチュラルな外観に、大きな窓で、親しみ易さと入り易さを意識しました。

ポーチに置かれた券売機がどことなくレトロな印象も。

エントランスのポーチの壁には縦格子の開口を設けています。

ポーチの深い庇で圧迫感を与えない様に開口を設けています。

縦の格子が下見板の横のラインと対比したアクセントにもなっています。

白い勾配天井に現しの登り梁。木と白い壁でナチュラルな装い。

店内は木調の床に白い壁を合わせたナチュラルスタイル。

床、腰壁、テーブルだけでなく、二寸勾配の天井に合わせた登り梁や、火打ち梁も見せるデザインです。

ビンテージオークの床にアイアン脚のテーブルセットがマッチしたアンティークテイスト。

アイアンの脚を持つ机と椅子を合わせてアンティークテイストに。

優しく落ち着いた雰囲気を造れました。

客席から覗くことができる厨房は黒ステンレスでまとめています。

配膳用の動線をつくるアイランド型カウンターの奥に見える厨房は、黒ステンレスでまとめています。