それ自体が看板となる外観デザイン 喜久屋 三重県鳥羽市答志島

三重県鳥羽市答志島にある喜久屋のデザインに当たっては、外観がそのまま看板となる様にデザイン。

三重県鳥羽市答志島で、以前の建物を解体して新たに建築したお店です。

建物の外観そのものが看板となる様にデザインしています。

喜久屋の正面は行灯をイメージしたデザイン。

夜には行灯の様に浮かび上がります。

塗り仕上げをした三角形の化粧版で側面をデザイン。

側面には、正面と同様の塗り仕上げで化粧板を造りました。

店内一階ではエントランスから階段まで真っ直ぐ通路が貫いている。

エントランスの先には真っ直ぐな通路が伸びています。

その通路の左右にカウンター席とテーブル席を配置しました。

通路沿いのカウンター席正面の垂れ壁には重厚感ある木目調。

カウンター席の正面の垂れ壁には、レンガの様にも見える重厚感ある木目調を配しています。

カウンター席の反対側のテーブル席は掘りコタツ式。

テーブル席は掘りコタツ式です。

掘りコタツの掘り下げた床は曲面で仕上げて柔らかな印象をつくりました。

掘りコタツ席に上がる際に脱ぐ靴は、上がり框の下に収納できる。

脱いだ靴を上がり框の下に収納できる様に設計しました。

エントランス正面の通路突き当りには水槽を設置。

エントランスから真っ直ぐ伸びる通路の突き当りにはアイストップとして水槽を設置しています。

二階は差し掛け屋根による高さのある空間。

二階は差し掛け屋根による高さのある空間で、高窓を設置しています。

広さのある休憩スペース。掘りコタツ席に上がる上がり框に間接照明。

広さのある休憩スペースもあり、その先には行灯の上のバルコニーがあります。

二階にも一階と同様に掘りコタツの客席。

二階には二室の掘りコタツ席があり、その入口には間接照明を仕込んだ上がり框を設えました。