津市久居ホール(仮称) 設計プロポーザル 三重県津市


こんにちは APOA です

本日、5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です
立夏から数えて15日目頃
陽気が良くなって、木々が若葉に覆われ、
万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから
「小満」といわれています
この頃は真夏日になる日もありますが、
本格的な梅雨を予感させる 走り梅雨 のシーズンでもあります

そんな今日は、(仮称)津市久居ホールについて!

22ba0285-510a-4c5c-9a6c-89a1838f4d9b
ホール完成予想図


(仮称)津市久居ホール 設計プロポーザルで
久米・アポア共同事業体(㈱久米設計名古屋支社/㈱アポア)が
基本計画とその基盤となる劇場法の分析を行い、それを方策に結び付けている提案として、
高く評価され、最優先候補者として選定されました

「市民の日常の文化活動を活性化する、誰もが気軽に立ち寄れる開かれた文化施設をつくり
久居地区の文化レベルを底上げすること」をコンセプトに
隣接した久居ふるさと文学館とともに文化地区を構成しながら
文化活動を街全体に発信する施設をつくります



ecc22bf60ca8884fbb615910430bab701
室内広場イメージ


プロ公演の鑑賞ではなく、市民自らの創造による文化育成の場と考え
・明るく開放的な居心地の良い公園のような施設
・共用部に多くのテーブル、椅子を配置
・練習室など、活動室の中が見える
・共用部に広場をつくり発表できる
などなどの方策で
多様なニーズに応え、文化芸術の創造を推進

1階には
支所サテライト(市民サービスコーナー)を設け
証明書類の発行など 市役所の簡易な手続きを請け負ったり
気軽に立ち寄れる憩いの場の1つとしてのカフェを
2階には
電気楽器など大音量の演奏に対応した練習室や
体験交流室などを計画しています



20171114_02-1
                             ホール内観イメージ

メインホールは
形状・材料などの建築要素によって決まる生音の演奏に対して、
反射音が連続的に広がるボックス形状

バルコニー席を設け、舞台が観客に取り囲まれている形状とすることで
臨場感のある客席空間を創出

平土間席から天井高さを13mとり 気積を確保し、響きの良い断面
サイドバルコニー下面とその上部2段の音響庇を設置し、初期反射音を充実させ、
密度の高い響きを実現させる
クラッシック音楽に適した平面・断面形状とし
使い易く高次元で多ジャンルに対応する一流のホールを計画しています



また、大庇による日射カット、高断熱ガラス等の採用により外部からの負荷を低減させ
床吹出による居住域空調の採用により、高天井でも効率化を徹底
プチトップライト(自然採光・自然換気)による照明エネルギーの低減、
ソーラーチムニー(温度差換気:中の空気を日射で暖めて、温度差により自然換気を促進)、
クールヒートトレンチ、井水と雨水をWC洗浄水に利用など、
自然エネルギーを徹底活用し、コストのかからない高効率の施設を計画しています

材料強度や耐久性があり、掃除がし易い材料を採用し
長く使い続けられる長寿命の建物、
汚れにくく、清掃がし易い衛星器具を採用し
ランニング・メンテナンスコスト低減により
LCC (Life Cycle Cost)を大幅に削減し
ローコストでハイスペックな文化施設として
同計画は、今年4月に着工し 2020年6月の完成を目指しています!

(津市のHP「(仮称)津市久居ホールの工事進捗状況」をご覧ください)

*========*========*=======*
株式会社 アポア
〒514-0815
本社 三重県津市藤方1704-2
TEL 059-222-7776 FAX 059-225-7331
http://apoa.jp/

*========*========*=======*