店づくりストーリーブログ

2018年4月27日|カテゴリー「店舗設計


みなさんこんにちは。金曜日アポアブログ担当、ちゃんしめです。

本日(4/27)は、南アフリカで初の全人種が参加する総選挙が行われた『自由の日

』だそうです。

自由、良い響きですね。





0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e1-e1524819302327


福岡にあります全国でも有名な某コーヒーショップ。



P6280266-1024x6821-e1524819437166


個性的なデザインは福岡の太宰府天満宮の自然のイメージを反映させた『自然素材

による伝統と現代の融合』というコンセプトで設計されたようです。
出展:福岡touch



1c96bfea415079548f6a72084c56d0b0-e1524819604136


アポア手がける店舗・住宅も弊社デザイナーのアイデアが盛り込まれた個性的かつ

おしゃれな、お客様こだわりの店舗をこれまで数多く手がけてきました。

昨年オープンしました三重県鈴鹿市の『平成ホルモン』さん
外観だけでなく内装もどこか懐かしくなるような雰囲気のゆったりとくつろげる空

間に。
同じく鈴鹿市の平田駅前にも『焼肉たらふく・平成ホルモン』様がオープンしまし

た。
ぜひぜひお越しくださいませ。

これからも型にとらわれない自由な発想でより一層アポアらしい店舗作りをしてい

きたいです。

住宅・店舗のご相談はぜひアポアまで!



*========*========*=======*
 
株式会社 アポア

〒514-0815
本社 三重県津市藤方1704-2
TEL 059-222-7776 FAX 059-225-7331

http://apoa.jp/


*========*========*=======*



2018年4月24日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ
おはようございます APOAです

あいにくのお天気ですが
暖かい空気を感じられる季節になってきましたね

さて、今回は、ふんだんに木を使用した施設について
大阪、三重、熊本に想いを馳せてみます。

bc603236d0bda00e4acc073ab8776f11
        出典:Heт 大阪建築

こちらは大阪市中央区にある「日本圧着端子製造㈱」様のオフィスビルです。
この美しい佇まいで、オフィスビルなんです。
275c73c1fda5dea9e18d7e402e11aa3e
   出典:Heт 大阪建築

 スギ材の格子が目を引きます。  
02752d8b7e34f893b6198eee4e13548e
   出典:Heт 大阪建築

経年変化を可視化しやすい木材を利用し 継続的なメンテナンス(約20年を目処に取替えを想定) を繰り返し、大切に使われていきます。   
ouji-beef-1-columns1
こちらは、当社が手掛けました
特産松阪牛・松坂肉の「おう児牛肉店」様の外観です。
(三重県松阪市久保町)

木の質感でぬくもりを表現いたしました。
ouji-beef-5-simple
外観では、フシのある羽目板を横張りにした、
スッキリとした印象のナチュラルなデザインですが、
店内のレジ台と両開きの自在扉(ウエスタンドア)は、
板を縦張りにし、木のぬくもりを感じられる
仕上がりとなりました。
こちらはのレジ台と扉は、弊社オリジナル製作です。
image210
こちら
熊本空港では、 県産材の木材を多用したデザインです。
image113
壁面や天井部分に木材が ふんだんに使われていました。
image310
エレベータには飛行機柄が!

木の技術開発は進み、耐火・耐久性が上がっています。

建築家の隈研吾さんは、

”木は、傷んできたとに「あ、腐ってきたな」ということが分かる。

分かるということが、実は耐久性だと思っている。

法隆寺が世界のどんな建築よりも長持ちしているのは、

傷んでいる木を取り替えてきたから” と話す。

現代ビジネス/講談社より引用

 

いたるところで、木材が多く使われているのを感じます。

 

木のある空間にいると、やすらぎを感じ、心も体も健やかになれますよね。

数十年かけて育った木を使った建築は、なんとも贅沢です。

住宅にはもちろんのこと、店舗にも木材が多く使われているのを感じます。

 

当社では、素材にこだわり抜いた繁盛店をプロデュースいたします。

 

ご相談はお気軽に「アポア」へご相談ください!

(住宅の施工事例等は「アポアスタイル」をご覧ください)

*========*========*=======*
株式会社 アポア〒514-0815
本社 三重県津市藤方1704-2
TEL 059-222-7776 FAX 059-225-7331

http://apoa.jp/

*========*========*=======

 

 

最後になりましたが、

熊本地震から2年が経ちました。

震災の影響を受けたすべての人に

心よりお悔やみ申し上げます。

1日でも早く みなさまが日常を取り戻せますように

心からお祈り申し上げます。

2018年4月21日|カテゴリー「店舗設計


本日は松阪市豊原町に完成しましたパン屋さん
「とよはら」様をご紹介します。

ホワイトとグリーンのバランスの良い色みのナチュラルな雰囲気で、ついつい視線が奪われてしまうような外観。

ナチュラルですが、風除室が黒く全体の印象を引き締めています。






IMG_5033-e1524299805526


店内は施主様こだわりの家具や雑貨などがたくさん盛り込まれており、わくわくするような内観に。


石目調のフロアタイルと木目調のクロスがナチュラルで温かみのある雰囲気を演出しています。



IMG_2574-e1524299911262


清潔感のあるブルーのカウンター席もあり、まったりくつろぎながら焼きたてのパンを堪能できます。


店舗・住宅のご相談はお気軽にアポアにご相談ください♪


*========*========*=======*
 
株式会社 アポア

〒514-0815
本社 三重県津市藤方1704-2
TEL 059-222-7776 FAX 059-225-7331

http://apoa.jp/


*========*========*=======*


2018年4月19日|カテゴリー「店舗設計
こんにちは APOAです

今日はぽかぽか陽気の気持ち良い1日ですね。
街中のハナミズキも白やピンクの花をつけ華やかな装い
桜が終わり、ハナミズキが咲き出すとスギ花粉も終わりの予感が。。。


津市美容室
今日は 三重県津市の美容室「Kiruto」のご紹介!

弊社オリジナルの欄間付きのブルーの扉に、グレーの木柄がアクセントの入口。
駐車場のサイドにも入口横と同じ木柄で統一感を。


IMG_5094
扉横のカルプ文字と大きなFIX窓の黒色の木枠、
ライトの傘の黒とフレンチテイストに。

IMG_5119
店内に入って左には黒の木枠に合わせた幾何学的な細いブラックフレームが印象的なART WORK STUDIOのペンダントライト。http://www.artworkstudio.co.jp/
右は白の木目の壁(サンゲツ RE2633)にLIXILの扉。
扉のカラーはグリーンペイントです。

IMG_5104



グリーンの扉の中はトイレになってます。
背面のクロス(サンゲツ RE2738)は北欧フィンランドの伝統あるテキスタイル フィンレイソンのデザイン
http://www.finlayson.jp/
ペンダントライトは薄くスライスした白木をゆるやかに曲げたFlamesのCROWN PENDANT(GDP-020)
曲木によって美しい光のグラデーションになります

IMG_5063
カットスペースはゆったりお一人スペースになってます。
存在感のある裸電球のペンダントが3つ点いています
IMG_5102
カットスペースの右側には落ち着いたシャンプースペースが。
天井と壁3面は青緑のクロス(サンゲツ RE2412)
正面奥の壁はアイスブルーのストライプ柄(サンゲツ RE2844)で優しいアクセントになってます。
2018年4月17日|カテゴリー「店づくりストーリーブログ
image112
今月、装いも新たに開場した「御園座」は、APOA名古屋店の近くにあります。
image2-1
建築家の隈研吾氏が手掛けた、 「なまこ壁」という立体的なこの外壁の格子柄が特徴的で、 とても美しい外観ですね。
6b8ab426b72ba78df115836cfa0a5df5
「碧南信用金庫御園支店」
こちらも隈研吾氏意匠設計なんだそう。

044286a6dac545f6816d31bdbeee5fbe1
軽やかな木組みのスクリーンが美しいですね。
image3-1
「岡崎信用金庫名古屋支店」 こちらは、㈱日建設計と岡崎・小原建設㈱の建築で 和模様を表現した外装スクリーンが伝統を感じさせ、 歩行者の目を引く外観です。
d4593ade465cb513dc309d59ef8a6c8f
夜のライトアップも、季節によって変わるそうです。 通るたびにわくわくします。

名古屋の街のシンボルとなる 新「御園座」 http://www.misonoza.co.jp/ や

金融機関の外観は

「街に調和する佇まい」にもかかわらず 足を止めて見入ってしまう

独創的で美しいデザインです。

 

昨夜訪れたお寿司屋さんで「河村たかし名古屋市長」をお見かけしたこともあり、

今回は、名古屋(名古屋駅と栄駅の間にある伏見エリア)の

美しい外観の施設を紹介いたしました。

 

再開発で新たな魅力の、名古屋。

リニア開通でこれからどう変わるのでしょうか。

ページトップへ