店づくりストーリーブログ

2018年7月2日|カテゴリー「店舗設計

こんにちは APOA です


今回は、弊社にて改装いたしました
松阪市五反田町にある パン教室 & パンカフェ +アロマの
「le・parfum ル・パルファン」様のご紹介です



月曜日・火曜日 パンカフェ(ランチ)&天然酵母パン販売、
木曜日から土曜日は1階でパン教室を開催されています

IMG_1480

杉板を一枚一枚 塗り、隙間を空けて設置した空色の壁には、カルプ文字の店名
青く塗装したドアと足元の緑が、柔らかな風合いの外観


「カルプ文字」とは、軽くて厚みのある立体文字看板のことで
発泡プラスチックの一種である発泡ウレタン樹脂のカルプボードをカットして作ります
高い基材密着性、耐摩耗性、耐油性を誇り、塗装による色づけや加工がしやすいというメリットがあります

素材が ステンレスや亜鉛、真鍮、銅などの金属が使われている看板は「チャンネル文字」と呼ばれ
金属ならではの高級感や重厚感、スタイリッシュな雰囲気を演出するのに長けています
ステンレスならば錆びにくく腐食につよくなり
銅や真鍮などはそれぞれの風合いを活かすことができます



IMG_1494

空色の壁の裏側は
小さなガーデンスペース



大きなガラス窓が空間に広がりを与え
隙間から光が差し込む杉板の壁が適度な目隠しとなり
寛ぎの空間を演出しています
IMG_1529





  厨房に面したカウンターは
  半円形のテーブル

 

  モザイクタイルをデザインに取り入れた施工

                                    

                               中にグリーンを入れた 様々な形状のペンダントライトで かわいい印象に



d0340535_14320591


7月のランチがこちら ↓↓↓